お金の勉強

お金の勉強ってしてこなかった人は多いです。自分もその一人。幸い、自営業をしている父のもとを子どもながらに見てきて、
商売の良し悪しは漠然と感じています。
義務教育ではもちろん、お金の授業って体型的に教えているところはないです。


従業員になるため、もしくは公務員になるための教育がメインです。
高校卒業したら、起業するのが当たりまえな世の中ではありません。とにかく大きい会社もしくは、安定した職業につくように
先生は指導します。当然ですよね。先生は公務員ですから。だから、事業主のせいせいは自分で決めるべきことです。
自営業の子は自営業になる場合は多いです。小さい頃から、親の姿を見ていると自然な感じなんでしょうか。
一方、公務員の子は公務員になる確率も高いです。家庭環境がそうさせるのでしょうか。
医者の子は医者・・・。
もちろん、例外もあります。子どもの人生は子どものものですが、少なからず親の影響はありますね。
自分の人生について考えることは大事です。でも、考えすぎても答えは出てきないものです。
走りながら方向の舵取りをするべきだと思います。大きな目標と小さな目標はここにきてるのでしょう。